スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)6話感想・考察!

漫画・アニメ

はめふら6話では、カタリナたちが夏休みを楽しむ様子が描かれています。

夏休みなのでそれぞれ実家に戻ってますが、カタリナと各キャラクターが夏休みを満喫しています。

個人的には珍しくニコルとカタリナが絡むシーンがあるので、注目してほしいです。

さらに、カタリナ争奪戦に参戦してないはずにシリウスも登場するので、こちらも要チェックです。

どうしてもマリアの存在が薄くなってしまいがちなのは仕方ないですね…。

というわけで、

はめふら6話の感想・考察について調べました。

スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)6話のネタバレ

それでは、はめふら6話のネタバレです。

 

 

※以下の文章はネタバレが含まれる可能性があるので、苦手な人はスルーしてください。

 

 

カタリナは夏休みを満喫していた。

へびのおもちゃを投げる練習や、畑仕事に勤しんでいる。

部屋ではカタリナの母親とメイドのアンが会話をしていた。

カタリナが頭を打ってから、ワガママだったときより大変になったが…

 

スイカを満喫するカタリナとキース。

カタリナは芝生の上に寝転んでしまった。

そんなカタリナを見ながら、キースは小さい頃の出来事を思い出していた。

 

ジオルド王子が湖に行かないかとカタリナを訪ねた。

二人っきり…と思ったら、キースが慌てて追いかけてきた。

キースは一緒に出掛けたかったのか、とカタリナは一緒に出かけることを快諾する。

さらにカタリナは、みんなを呼んで、大勢で湖に行こうと提案した。

ボートを漕いだり、マリアの手作りお菓子を食べたり、湖を楽しむ。

 

ある日、カタリナはロマンス小説の魔性の伯爵シリーズを買いに、ソフィアと街に出掛けた。

アクセサリーを買ったり、本を買ったり、買い物を楽しむ。

その後ろをニコルが付き添っていた。

買い物の最後ニコルとカタリナが二人っきりになる。

そこでニコルはカタリナに熱い一言を…

 

夜会に出席するカタリナ達。

アランの演奏会にプラスして、ニコルも出席しているから、ご婦人が多い。

そこに、生徒会長のシリウスもやってきた。

もちろんシリウスも大人気だ。

シリウスには婚約者がいないことを不思議に思い、カタリナがシリウスに尋ねてみると…

 

そして夏休み最終日。

カタリナの宿題は?

続きはdアニメストアでご確認ください。

dアニメストア

はめふら6話の感想・考察!

夏休み特別編ということで、短編がたくさん詰め合わさったお話でした。

カタリナの自由っぷりが、余すことなく発揮されていて、どの話もとても面白い話でした。

個人的に一番好きなのは、ソフィアとカタリナが街に買い物に出かける話です。

とても楽しそうにしてるソフィアがとても可愛い!

夏だからか、髪の毛を帽子の中に仕舞ってるのも季節感溢れていていいですよね。

後ろから着いてきてるアランは、一見無表情に見えますが、きっと終始笑顔なんだろうな~って想像してます。

だって、そうじゃないと小話の最後の一言は出てこないですよ!

あれは反則…あんなキレイな顔が目の前にあったら、誰だって倒れます。

 

夜会の話も面白かったですね。

メアリの腹黒い一面が見れるのは、かなり珍しく思います。

もしかしたら、今後メアリの腹黒いシーンが増えるかもしれないですね。

ちょっとドキッとしたのは、シリウスとカタリナが会話するシーンです。

カタリナの想ってる人がいるのか、という質問に対して

「いないですよ」

と答えたシリウスですが、どんな顔して答えてたんでしょうね。

あのシーンは、わざと顔を映さないようにしてたので、とても気になります。

意味深な表情で、カタリナを見つめながら答えてたんでしょうか。

シリウスは、はめふらのメインキャラの中で、唯一想い人がわからないキャラなので、誰のことが好きなのか非常に気になります。

シリウスもカタリナ争奪戦に参戦する日が来るんでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

はめふら6話について調べました。

  • 夏休み特別編として、短編を詰め合わせた話
  • カタリナと各メインキャラが夏休みを楽しむ様子が描かれている
  • カタリナの夏休みの宿題はどうなったのか?

6話では、通常の話と異なり、ちょっとした小話が詰まっていました。

夏休みを満喫するのはいいですが、やっぱりカタリナは宿題を最後まで残すタイプなんですね。

夏休み中は、はめふらのメインキャラと楽しむ様子がたくさん描かれているので、かなり微笑ましいです。

滅多に無いニコルとカタリナが絡むシーンもあるので、どのキャラが好きな人でも楽しめる話となっています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました