スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)12話感想・考察!

漫画・アニメ

ついにはめふらも最終回を迎えました。

事件の真相と、シリウスの過去が判明します!

シリウスってめっちゃ悪役かと思ったけれど、実はすごく可哀想な子なんですね。

ぜひハンカチ片手に見てほしいです。

さらに、12話後半の卒業パーティーに発生する最後のイベントも絶対見逃せないですね。

というわけで、

はめふら12話の感想・考察について調べました。

スポンサーリンク

乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった(はめふら)12話のネタバレ!

それでは、はめふら12話のネタバレです。

 

 

 

 

※以下の文章はネタバレが含まれる可能性があるので、苦手な人はスルーしてください。

 

 

 

 

 

カタリナ達は学園の端にある倉庫の地下にいるマリアを救いした。

そして、シリウスを見つけ出した。

カタリナはもう一度シリウスと話をしたいと、なぜ泣きそうな顔をしていたのか、カタリナは尋ねた。

シリウスはカタリナの言葉に苛立ちが隠せない。シリウスに纏う黒いオーラが大きくなる。

 

闇の魔力のオーラに怯みそうになる。

様子が変わらないカタリナを見て、シリウスは苛立つ。

「他の人達を救ったように、自分のことも救うつもりかのか!」

シリウスが声を荒げるが、カタリナは冷静に答えた。

「救うなんて無理。だけど、側にいることは出来るわ」

カタリナは両手を広げて、シリウスに言った。

その言葉に、本当の母親の最後の言葉を思い出し、カタリナの手を取ろうとした。

 

その瞬間!

シリウスから黒いオーラが溢れ出す。

闇の魔法は、まだ間に合う。復讐するのだ、とシリウスにささやく。

しかしシリウスはそんな言葉を跳ね除け、操っていたオーラの正体を突き止めた。

さらに、もう復讐なんてしない。幸せになるために生き残ったんだ!と、叫んだ。

それと同時に黒い霧が晴れていった。

 

一連の事件が落ち着いた頃。

学園では卒業パーティーが行われた。

ゲームの最終イベントが、卒業パーティーで行われるはずなのだ。

カタリナは自分が破滅してしまうんじゃないかと、マリアの行動が気になっていた。

 

カタリナは無事に破滅フラグを回避できたのか?

続きはdアニメストアでご確認ください。

dアニメストア

はめふら12話の感想・考察

最後の最後で、カタリナの人たらしっぷりが発揮されてるw

カタリナらしい終わり方で、ちょっと笑っちゃいました。

しかしシリウスの境遇が可哀想すぎて…。

そりゃ闇の魔法に取り憑かれちゃうのも仕方ないですね。

カタリナがシリウスの入れた紅茶を褒めた時、わずかに驚いてた顔をしていた理由も分かりました。

お母さんと全く同じことを言われたんじゃ、そりゃ驚きますよね。

シリウス、絶対お母さん大好きだったもん。

 

12話は前半がかなり重い話の展開だっただけに、後半の明るい感じがすごくホッとしますね。

なんていうかね…

カタリナ鈍すぎじゃない?

破滅フラグ回避っていうか、違うフラグ立てまくってるからね!

そろそろ皆の気もちに気づいたほうが良いと思うんですよ。

みんなの気持ちに気づいて、慌てる様子も見てみたい気がします。

かなりいい感じにラストはまとまってるので、1期限りで完結させちゃっても問題ない終わり方ですね。

とはいえ、原作はこの続きもあるので、2期以降の放送も期待できます!

最初は本当に面白いの?なんて疑ってたんですが、全面撤回します。

めっちゃ面白い!

ぜひ2期も期待したいですね。

まとめ

はめふら12話の感想・考察をまとめました。

  • 前半は事件の真相とシリウスの過去
  • 後半は卒業パーティーでの最後のイベントは?
  • やっぱりカタリナは最強の人たらし

10話あたりから重い話が多かったので、12話後半の明るいネタがより面白く感じます。

とはいえ、12話のメインは事件の真相とシリウスの過去ですね。

シリウスはかなり暗い過去を持ってるので、涙もろい人はハンカチが必要です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました