スポンサーリンク

ポポーの値段や東京のスーパー販売店・通販は?副作用やアレルギーも

ショッピング
Photo by Brooke Lark on Unsplash

ポポーという果物を見たり、食べたことはありますか?

北米原産のフルーツで、日本では手に入りにくいことから、幻の果物と言われています。

栄養が豊富で、とても甘いフルーツなんですが、どんな味なのか気になりますよね。

ちょっと食べてみたいなと思ったので、どこで購入できるのか調べてみたら、楽天市場で冷凍ポポーを発見しました。

食べてみたけれどアレルギーが心配

という人もいると思います。

ポポーの販売店だけじゃなくて、アレルギーや副作用についても調べました。

ということで、

  • ポポーの価格
  • 副作用やアレルギー
  • 東京のスーパー販売店や通販

について調べました。

スポンサーリンク

ポポーは幻の果物だから高価!

Photo by Brooke Lark on Unsplash

ポポーは北米原産の果物で、日本では非常に珍しい果物です。

マンゴーとアケビを足して2で割ったような見た目をしていて、マンゴーとバナナとパイナップルを足して3で割ったような強い甘い香りがします。

この説明だけ聞くと、まるで南国のフルーツみたいですね。

「森のカスタードクリーム」との別名があるほど濃厚な甘さがある果物で、食べた人によるとマンゴーというより柿に近いそうです。

そんな幻の果物と言われるポポーですが、いくらで販売されているんでしょうか?

丸ごと冷凍されてるのが1個480円で販売されていました。

ポポーを生産している地域なら、もう少し安い価格で販売されてると思いますが、手のひらサイズで1個300円とか500円するので、かなり高いですね。

なぜこんなに高いのか理由を調べてみたら、

  • 収穫時期が限られている
  • すぐに熟してしまい、痛みやすく変色しやすいから

という理由がありました。

害虫や寒さに強く育てやすいんですが、1日~2日ですぐに熟してしまうため、市場に流通させるのが難しく、ポポーを作る農家さんが少ないそうです。

副作用やアレルギーはある?

卵アレルギーや小麦アレルギーなど、食物アレルギーを持ってる人は、食べて大丈夫な果物なのか不安になりますよね。

ポポーはバンレイシ科の果物で、釈迦頭の仲間になります。

特に副作用やアレルギーの報告は見当たらないので、果物の中では比較的安心して食べられるフルーツですね。

ポポーは栄養豊富で体にいいとされています。

  • 小さいのにバナナやりんご、オレンジと同等の栄養素を含んでいる
  • 疲労回復やがん予防に効果がある
  • ビタミンCやミネラル類がバランスよく含まれている
  • 美肌や免疫力を高めてくれる効果が期待

といった報告があります。

(出典:https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/fruit/pawpaw3.htm)

東京のスーパー販売店や通販を調査

小さいのに栄養価が豊富と言われると、食べてみたくなりますよね。

東京のスーパーでは買うことができるのでしょうか?

痛みやすく変色しやすいので、東京のスーパーではまず販売されません。

もしかしたら道の駅などで売ってる可能性はありますが、生産している農家が少ないので見つけるのがとても大変です。

次にネットで購入できないか調べてみたら、楽天とアマゾンで冷凍ポポーを販売しているお店を発見しました!

冷凍なら腐る心配もないし、保存しやすいですね。

店頭でポポーを購入したい人は、愛媛県きさい市がおすすめです。ポポーの果実生産日本一の地域です。松山市から車で1時間ほどの場所にあります。

ただし、収穫時期である9月~10月に行かないと生のポポーは売ってないのでご注意ください。

他には、島根県美郷町でも生産している農家がいらっしゃいますよ。

まとめ

幻の果実ポポーについて調べました。

  • マンゴーとアケビを足して2で割ったような見た目で、味は柿に近い
  • 熟成が早く痛みやすいので、一般には流通していない
  • 手軽に購入するにはアマゾンや楽天で冷凍ポポーを購入するのがおすすめ

ポポーは北米原産の非常に栄養が豊富なフルーツです。

甘くて栄養豊富なんですが、痛みやすいので一般には流通していません。

ネットでは冷凍のポポーが販売されているので、食べてみたい人は冷凍ポポーを購入するのがおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました