スポンサーリンク

即位御礼の儀で着用する衣装・服装の種類や名前一覧まとめ!

テレビ
Photo by Jan Gottweiss on Unsplash

2019年10月22日に行われる即位御礼の儀は、皇室の重要な儀式なので、出席する皇族は基本的に伝統衣装で出席します。

  • 天皇陛下が着用する衣装は黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)
  • 皇嗣様が着用する衣装は黄丹袍(おうにのほう)
  • 皇后様を始めとする女性皇族は十二単
  • 高齢の皇族は洋装で出席する可能性もある

特別な儀式のときにしか見れない衣装ばかりなです。

他の人は着ることが許されない衣装・色が多いので、衣装も注目したいですね。

即位礼正殿の儀での交通規制についても調べたので、合わせてチェックしてください。

即位礼正殿の儀での交通規制マップ・地図一覧!通行止め時間と予定も

祝賀パレードのテレビ中継について調べたので、こちらもチェックしてくださいね。

即位の礼・祝賀御列の儀(パレード)のテレビ放送・中継・ネット配信スケジュールまとめ

即位礼正殿の儀に参加する国を調べたので、こちらからチェックしてくださいね。

即位礼正殿の儀の招待国・参加国一覧まとめ!韓国が参加しないのはデマの可能性も

御料車のドライバーって資格必要?気になったので調べてみた結果がこちら↓

祝賀御列の儀(パレード)で御料車のドライバーになる条件・資格と年収

その御料車の車種や値段はこちらからどうぞ↓

祝賀御列の儀(パレード)オープンカーの御料車の車種・装備・値段は?歴代御料車のメーカーも

11月9日国民祭典の申込方法も調べたので、こっちもチェックしてくださいね。

11/9天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の申し込み日程・当落結果はいつ?応募方法・参加費用も

スポンサーリンク

即位御礼の儀で着用する衣装の種類や名前まとめ!

Photo by Jan Gottweiss on Unsplash

天皇陛下の衣装は黄櫨染御袍こうろぜんのごほうという束帯姿で、皇后様は十二単姿になります。

皇嗣様は皇太子が着用する黄丹袍を着用される予定です。

それぞれどんな服装なのか、調べてみました。

天皇陛下の衣装は黄櫨染御袍

衣装の名前にある「こうろぜん」は色の名前のことで、「黄みがかった茶色」とか「赤みがかった黄色」と言われています。

黄櫨染御袍は天皇が皇室の行事の際に1番多く着る装束で、天皇にのみ着用が許されています。

生地には、桐、竹、鳳凰、麒麟の文様がついています。

そもそも天皇陛下の黄櫨染御袍になったのは、明治天皇以降になります。

明治天皇より前、孝明天皇の御代まで即位時には礼服として袞冕こんべん十二章という服を着用していました。

ちなみに、天皇の礼服として、この衣装以外に6種類もあるんですよ。

即位礼正殿の儀が終わり、祝賀御列の儀では、モーニングを着用されるんじゃないかと予想します。

日中に行われるので、燕尾服よりモーニングが適してるでしょう。

皇后陛下は白がメインの十二単

皇后様は白を基調とした十二単を着用されます。

産経新聞によれば、一番上に羽織る唐衣は白を基調にしたものと書いてありました。

十二単は、唐衣からぎぬ表着うはぎ打衣うちぎぬ五衣いつつぎぬ単衣ひとえ長袴ながばかまの8枚からなり、髪型は大垂髪おすべらかしが基本です。

十二単という名前なので、12枚あるんじゃないかと思いがちですが、着るのは8枚となります。

着るのは8枚なのに、なぜ十二単という名前なのかというと、「十二分に」という言葉があるように、「たくさん」という意味からきています。

また、十二単というと非常に重たいイメージですが、江戸時代までは日本のカイコで作った糸で織られていたので、現在の重量の3分の1ぐらいでした。今よりずっと軽かったんですよ。

現在の絹糸は太く重いので、立って長時間の儀式をする「立礼」の実情に合わせ、五衣を比翼仕立という見える部分だけ5枚重ねにした方法で軽量化されています。

即位礼正殿の儀が終わり、祝賀御列の儀のときは、十二単からローブデコルテに着替えると予想されます。

上皇后美智子様が皇后になったときも、ローブデコルテを着ていたので、雅子様も同様に少し胸元のあいたローブデコルテを着用されると予想します。

皇嗣様は皇太子の装束である黄丹袍(おうにのほう)

皇嗣秋篠宮さまは、皇太子の装束といわれる黄丹袍おうにのほうを着用予定となっています。

黄丹というのは、登る朝日を意味していて、皇太子にのみ着用を許されている色なんです。

黄丹色が皇太子の色となったのは、かなり古くて奈良時代にさかのぼります。

奈良時代の律令・養老律令の衣服令において皇太子の正装・礼服の色と規定されてました。

紋は花形の枠に下向きのオシドリが1羽収まっています。

この紋は昔から変わることなく、ずっと同じ紋が使われています。

紀子様も十二単だけどかぶらないの?

紀子様をはじめとする女性皇族方は十二単を着用されると予想しています。

皇后様も紀子様も同じ十二単なの?と疑問に思うかもしれませんが、同じ十二単でも皇后さまと紀子様では色が異なります。

皇后さまの場合、一番上は白を基調にしたものですが、紀子さまは違う色になります。

紀子様は新調する予定で、唐衣の色がどんな色なのかは分かっていません。

皇后様が白を着用するので、白以外の色になるのは間違いありません。

十二単といっても、たくさんの色合わせがあるので、全員十二単だとしても、同じ色を着用することはないでしょう。

また、一番下に着ている長袴は既婚と未婚で色が異なります。

眞子さまをはじめとする未婚の女性皇族方は濃い紫、妃殿下方は緋色とよばれる赤いものを着用します。

洋装の基本はモーニング

皇族以外の首相ら参列者の服装は前回の平成のときと同じく、男性はえんび服やモーニングコート、女性はロングドレスなどと決まっています。

燕尾服かモーニングとなっていますが、昼間に行われるので、モーニングのほうがふさわしいですね。

燕尾服は夜における最上級の正礼装なので、昼間に着ることは少ないです。

女性の場合はロングドレスとなっていますが、より格式の高い胸元も背中も開いてないローブ・モンタントが基本となるでしょう。

ローブモンタントは肌の露出が少なくて、首元まで覆われているデザインとなり、帽子を合わせるのが決まりとなっています。

なので、女性の皇族が洋装で出席する場合は、ローブ・モンタントに帽子というスタイルになるでしょう。

女性議員の場合は、ローブ・モンタントとまではいかなくても、露出の少ないロングドレスになるのではないでしょうか。

どんな衣装で、どの色を着ているのかという点にも注目しながら、即位御礼の儀を見ると、また違った見方ができるのではないでしょうか。

なかなか見る機会のない衣装ばかりなので、ぜひ服装にも注目してみてください。

スポンサーリンク

まとめ

即位御礼の儀で着用する服装について調べました。

  • 天皇陛下は黄櫨染御袍、皇后様は白を基調にした十二単
  • 皇嗣様は黄丹袍で、紀子様は色は不明だが十二単を着用
  • ご年配の皇族方の場合、洋装を着用する可能性もある

皇位継承の重要儀式なので、全員かなり格式の高い服装をします。

なかなか普段は観れない装束ばかりなので、どんな服装なのか注目してみるのもおすすめです。

即位礼正殿の儀での交通規制についても調べたので、合わせてチェックしてください。

即位礼正殿の儀での交通規制マップ・地図一覧!通行止め時間と予定も

祝賀パレードのテレビ中継について調べたので、こちらもチェックしてくださいね。

即位の礼・祝賀御列の儀(パレード)のテレビ放送・中継・ネット配信スケジュールまとめ

即位礼正殿の儀に参加する国を調べたので、こちらからチェックしてくださいね。

即位礼正殿の儀の招待国・参加国一覧まとめ!韓国が参加しないのはデマの可能性も

御料車のドライバーって資格必要?気になったので調べてみた結果がこちら↓

祝賀御列の儀(パレード)で御料車のドライバーになる条件・資格と年収

その御料車の車種や値段はこちらからどうぞ↓

祝賀御列の儀(パレード)オープンカーの御料車の車種・装備・値段は?歴代御料車のメーカーも

11月9日国民祭典の申込方法も調べたので、こっちもチェックしてくださいね。

11/9天皇陛下御即位をお祝いする国民祭典の申し込み日程・当落結果はいつ?応募方法・参加費用も

コメント

タイトルとURLをコピーしました