スポンサーリンク

2019年ツール・ド・フランス全チームスタートリスト一覧まとめ!

スポーツ
Photo by Markus Spiske on Unsplash

ついに2019年のツール・ド・フランスが始まりましたね。

2019年は全22チーム、176名が出場します。

もうスタートリストはチェックしましたか?

どの選手がツールに出場するのか、非常に気になりますよね。

2019年に1番を付けるのは、前年度覇者のゲラント・トーマスです。

また、レースを見て気になる番号の選手を発見した人もいるかもしれません。

スタートリストは各チームから誰が出場するのかチェックするのに便利ですが、レース中に気になって番号の選手を調べるのにも便利です。

そこで、

  • 2019年ツールドフランスのスタートリスト

について調べました。

ツール・ド・フランスのリアルタイム中継を見る方法について調べたので、こちらもチェックしてくださいね。

ツールドフランス2019を無料でライブ配信を観る方法と日程は?リアルタイム中継のフル動画を視聴する方法

ツールのコース日程や地図についても調べたので、合わせてチェックしてくださいね。

ツールドフランス2019コース日程・地図・マップ紹介!日本時間での出走はいつ?

スポンサーリンク
  1. 2019年ツールドフランスのスタートリストまとめ
    1. チーム イネオス (TEAM INEOS) イギリス
    2. ボーラ・ハンスグローエ (BORA – HANSGROHE)ドイツ
    3. ドゥクーニンク・クイックステップ (DECEUNINCK – QUICK – STEP) ベルギー
    4. アージェードゥゼール ラ モンディアル (AG2R LA MONDIALE) フランス
    5. バーレーン・メリダ  (BAHRAIN – MERIDA) バーレーン
    6. グルパマ・エフデジ(GROUPAMA – FDJ) フランス
    7. モヴィスター チーム (MOVISTAR TEAM) スペイン
    8. アスタナ プロチーム (ASTANA PRO TEAM) カザフスタン
    9. チーム ユンボ・ヴィスマ (TEAM JUMBO-VISMA) オランダ
    10. EFエデュケーションファースト (EF EDUCATION FIRST) アメリカ
    11. ミッチェルトン・スコット (MITCHELTON – SCOTT) オーストラリア
    12. シーシーシーチーム (CCC TEAM) ポーランド
    13. UAEチームエミレーツ (UAE TEAM EMIRATES) アラブ首長国連邦
    14. トレック・セガフレード (TREK – SEGAFREDO) アメリカ
    15. チームサンウェブ (TEAM SUNWEB) ドイツ
    16. コフィディス、ソリュシオンクレディ (COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS) フランス
    17. ロット・スーダル (LOTTO SOUDAL) ベルギー
    18. トタルディレクトエネルジー (TOTAL DIRECT ENERGIE) フランス
    19. チーム カチューシャ・アルペシン (TEAM KATUSHA ALPECIN) スイス
    20. ワンティ・ゴペールサイクリングチーム (WANTY – GOBERT CYCLING TEAM) ベルギー
    21. チーム ディメンションデータ (TEAM DIMENSION DATA) 南アフリカ
    22. チーム アルケア・サムシック (TEAM ARKEA – SAMSIC) フランス
  2. まとめ

2019年ツールドフランスのスタートリストまとめ

Photo by Markus Spiske on Unsplash

2019年ツール・ド・フランスのスタートリストについて調べました。

ワールドチームから18チーム、プロコンチネンタルチームから4チームの出場となっています。

プロコンチネンタルチームでも、ワールドチームと同じくらいの実力を持ってるチームばかりなので、侮れません。

チーム イネオス (TEAM INEOS) イギリス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Another day, another #TDF19 recon ⛰👌 • #Repost @kwiato: Happy people on the top of Col de l’Iseran 👍 @teamineos @letourdefrance #recon

Team INEOSさん(@teamineos)がシェアした投稿 –

1 G.THOMAS ゲラント・トーマス (イギリス)

2 E.BERNAL エガン・ベルナル (コロンビア)

3 J.CASTROVIEJO ヨナタン・カストロビエホ (スペイン)

4 M.KWIATKOWSKI ミカル・クヴィアトコウスキー (ポーランド)

5 G.MOSCON ジャンニ・モスコン (イタリア)

6 W.POELS ワウト・ポエルス (オランダ)

7 L.ROWE ルーク・ロウ (イギリス)

8 D.VAN BAARLE ディラン・ファンバーレ (オランダ)

チームイネオスはイギリスのチームで、エースはゲラント・トーマス。2018年のツール・ド・フランス覇者なので、連続制覇が期待されます。

ツールは英国人がメインとなるけれど、他のレースは外国人がメインとなっているチームです。

 

ボーラ・ハンスグローエ (BORA – HANSGROHE)ドイツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇮🇪 🇵🇱🇮🇹 🇦🇹 🇸🇰 🇩🇪 CHAMPIONS GALLERY made by @veloimages #TheBrotherhoodIsComing #BORAhansgrohe

BORA – hansgroheさん(@borahansgrohe)がシェアした投稿 –

11 P.SAGAN ペーター・サガン (スロバキア)

12 E.BUCHMANN エマヌエル・ブッフマン (ドイツ)

13 M.BURGHARDT マークス・ブルグハート (ドイツ)

14 P.KONRAD パトリック・コンラッド (オーストリア)

15 G.MUHLBER(ドイツ) グレゴール・ミュールベルガー (オーストリア)

16 D.OSS ダニエル・オス (イタリア)

17 L.POSTLBER(ドイツ) ルーカス・ペストルベルガ― (オーストリア)

18 M.SCHACHMANN マキシミリアン・シャフマン (ドイツ)

2010年に誕生したチームで、2017年から好調が続いています。2019年は総合上位が期待されているチームです。

エースはペーター・サガンで、2018年はチーム初であるツールのマイヨ・ヴェール(ポイント賞)を獲得しています。

 

ドゥクーニンク・クイックステップ (DECEUNINCK – QUICK – STEP) ベルギー

21 J.ALAPHILIPPE ジュリアン・アラフィリップ (フランス)

22 K.ASGREEN カスパー・アスグリーン (デンマーク)

23 D.DEVENYNS ドリス・デヴェナインス (ベルギー)

24 Y.LAMPAERT イヴ・ランパルト (ベルギー)

25 E.MAS エンリク・マス (スペイン)

26 M.MORKOV ミカエル・モルコフ (デンマーク)

27 M.RICHEZE マクシミリアーノ・リケーゼ (アルゼンチン)

28 E.VIVIANI エリア・ヴィヴィアーニ (イタリア)

非常に強いチームで、2018年は73勝という驚異的な数字を叩き出しているチームです。

ジュリアン・アラフィリップとエリア・ヴィヴィアーニがチームの2大巨頭となっています。

 

アージェードゥゼール ラ モンディアル (AG2R LA MONDIALE) フランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

🇫🇷 – @letourdefrance – 8 coureurs au départ de la plus grande course du monde. – La route vers les Champs-Élysées est encore longue et semée d’embûches qu’il faudra surmonter. Mais l’aventure n’en sera que plus belle. – @romainbardet, @benoit.cosnefroy, @olivernaesen @mikaelcherel @tonygallopin @gougeardalexis @alexisvuillermoz & Mathias Frank bon #TDF2019 💪💪💪 – 8 riders at the start of the biggest cycling race. The journey to the Champs-Élysées is long and treacherous but that’s what makes it even greater. – @romainbardet, @benoit.cosnefroy, @olivernaesen @mikaelcherel @tonygallopin @gougeardalexis @alexisvuillermoz & Mathias Frank bon #TDF2019 💪💪💪 – #allezALM •⠀⠀ •⠀⠀ •⠀⠀ •  #cyclingshots #roadcycling #strava #cyclinglife #cyclingphotos #velo #bici #ciclismo #cycling #cyclingpics #procycling #bike
➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖
@eddymerckxbikes @maviccycling @levis_fr @ekoicycling @bolle_eyewear @rotorbike @vredestein_cycling @fizikofficial @ridededa @lookcycle @elite_cycling @lezyneusa @rosti.it @ceramicspeed ➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖➖ ©️ @modcyclingphoto

AG2RLAMONDIALE Pro CyclingTeamさん(@ag2rlamondiale_procyclingteam)がシェアした投稿 –

31 R.BARDET ロメン・バルデ (フランス)

32 M.CHEREL ミカエル・シェレル (フランス)

33 B.COSNEFROY ブノワ・コズネフロワ (フランス)

34 M.FRANK マティアス・フランク (スイス)

35 T.GALLOPIN トニー・ガロパン (フランス)

36 A.GOUGEARD アレクシー・グジャール (フランス)

37 O.NAESEN オリバー・ナーセン (ベルギー)

38 A.VUILLERMOZ アレクシス・ヴュイエルモーズ (フランス)

ツールで勝つために強化しているチームです。

エースのロメン・バルデはツール1本に集中して、1年間トレーニングしている人です。

 

バーレーン・メリダ  (BAHRAIN – MERIDA) バーレーン

41 V.NIBALI ヴィンチェンツォ・ニバリ (イタリア)

42 D.CARUSO ダミアーノ・カルーゾ (イタリア)

43 S.COLBRELLIソンニ・コロブレッリ (イタリア)

44 R.DENNIS ローハン・デニス (オーストラリア)

45 I.GARCIA イバン・ガルシア (スペイン)

46 M.MOHORIC マテイ・モホリッチ (スロペニア)

47 D.TEUNS ディラン・トゥーンス (ベルギー)

48 J.TRATNIK ヤン・トラットニック (スロペニア)

バーレーンと英国自動車メーカーであるマクラーレンが共同事業パートナーになっているちょっと珍しいチームです。

バーレーン・メリダには新城幸也という日本の選手が所属していますが、残念ながらツールには不参加となっています。

 

グルパマ・エフデジ(GROUPAMA – FDJ) フランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

L’équipe Groupama-FDJ ! 👏 #TDF2019

Équipe Cycliste Groupama-FDJさん(@equipegroupamafdj)がシェアした投稿 –

51 T.PINOT ティボー・ピノ (フランス)

52 W.BONNET ウィリアム・ボネ (フランス)

53 D.GAUDU ダヴィ・ゴデュ (フランス)

54 S.KUNG シュテファン・キュンク (スイス)

55 M.LADAGNOUS マチュー・ラダニュ (フランス)

56 R.MOLARD リュディ・モラール (フランス)

57 S.REICHENBACH セバスティアン・レイヘンバッハ (スイス)

58 A.ROUX アントニー・ルー (フランス)

エースのティボー・ピノは2年ぶりのツールとなります。

2016年の敢闘賞以降、ツール・ド・フランスではタイトル獲得がないので、2019年はタイトル獲得を狙ってくると予想されます。

 

モヴィスター チーム (MOVISTAR TEAM) スペイン

61 N.QUINTANA ナイロ・キンタナ (コロンビア)

62 A.VALVERDE アレハンドロ・バルベルデ (スペイン)

63 A.AMADOR アンドレイ・アマドール (コスタリカ)

64 I.ERVITI イマノル・エルビーティ (スペイン)

65 M.LANDA ミケル・ランダ (スペイン)

66 N.OLIVEIRA ネルソン・オリヴェイラ (ポルトガル)

67 M.SOLER マルク・ソレル (スペイン)

68 C.VERONA カルロス・ベロナ (スペイン)

創設からの歴史が長いモヴィスター チームです。

エースのナイロ・キンタナは2018年のツールで負傷しています。2019年は雪辱を果たすため、自国のコロンビアで調整をしているとのこと。どんな結果になるのか楽しみです。

 

アスタナ プロチーム (ASTANA PRO TEAM) カザフスタン

71 J.FUGLSANG ヤコブ・フグルサング (デンマーク)

72 P.BILBAO ペリョ・ビルバオ (スペイン)

73 O.FRAILE オマール・フライレ (スペイン)

74 H.HOULE ユーゴ・ウル CAN

75 G.IZAGIRRE ゴルカ・イサギーレ (スペイン)

76 A.LUTSENKO アレクシー・ルツェンコ (カザフスタン)

77 M.CORT NIELSEN マグヌス・コルトニールセン (デンマーク)

78 L.L.SANCHEZ ルイスレオン・サンチェス (スペイン)

アスタナプロチームは、様々な問題が続いたチームですが、ここ数年は成績も上々で他のレースでも大活躍しています。

ヤコブ・フグルサングは元々マウンテンバイクがメインとして活動していましたが、2008年からロードレースの活動に転向しています。

 

チーム ユンボ・ヴィスマ (TEAM JUMBO-VISMA) オランダ

 

この投稿をInstagramで見る

 

🥳🥂 #samenwinnen • • • #tjv #jumbovisma #teamjumbovisma #tdf2019 #tourdefrance #podium #celebrations #everydayriding #ridebianchi

Team Jumbo-Visma cyclingさん(@jumbovisma_road)がシェアした投稿 –

81 S.KRUIJSWIJK ステフェン・クライスヴァイク (オランダ)

82 G.BENNETT ジョージ・ベネット (ニュージーランド)

83 L.DE PLUS ローレンス・デプルス (ベルギー)

84 D.GROENEWEGEN ディラン・フルーネウェーヘン (オランダ)

85 A.G.JANSEN アムンドグレンダ―ル・ヤンセン (ノルウェー)

86 T.MARTIN トニー・マルティン (ドイツ)

87 M.TEUNISSEN マイク・テウニッセン (オランダ)

88 W.VAN AERT ウァウト・ヴァンアールト (ベルギー)

チーム ユンボ・ヴィスマは2018年のグランツール分野で大躍進を果たしているので、2019年のツールでも期待できます。

ステフェン・クライスヴァイクはクライマータイプなので、山が多めの2019年は大活躍するかもしれません。

 

EFエデュケーションファースト (EF EDUCATION FIRST) アメリカ

91 R.URAN リゴベルト・ウラン (コロンビア)

92 A.BETTIOL アルベルト・ベティオル (イタリア)

93 S.CLARKE サイモン・クラーク (オーストラリア)

94 T.KANGERTT タネル・カンゲルト (エストニア)

95 S.LANGEVELD セバスティアン・ラングフェルド (オランダ)

96 T.SCULLY トーマス・スクーリー (ニュージーランド)

97 T.VAN GARDEREN ティージェイ・ヴァンガーデレン (アメリカ)

98 M.WOODS マイケル・ウッズ (カナダ)

ドーピング撲滅をテーマに掲げ、結成されたチームですが、2018年はあまり成績が奮いませんでした。

新加入のタネル・カンゲルトとティージェイ・ヴァンガーデレンがチームの鍵となります。

 

ミッチェルトン・スコット (MITCHELTON – SCOTT) オーストラリア

101 A.YATES アダム・イェーツ (イギリス)

102 L.DURBRIDGE ルーク・ダーブリッジ (オーストラリア)

103 J.HAIG ジャック・ヘイグ (オーストラリア)

104 M.HEPBURN マイケル・ヘップバーン (オーストラリア)

105 D.IMPEY ダリル・インピー (南アフリカ共和国)

106 C.JUUL JENSEN クリストファー・ユールイェンセン (デンマーク)

107 M.TRENTIN マッテオ・トレンティン (イタリア)

108 S.YATES サイモン・イェーツ (イギリス)

ミッチェルトン・スコットはオーストラリア初のワールドチームです。

創設して5年の間に、5大モニュメントのうち4つを制覇するという実力派でもあります。

アダム・イェーツは双子で、双子の兄であるサイモン・イェーツも同じチームに所属しています。

 

シーシーシーチーム (CCC TEAM) ポーランド

111 G.VAN AVERMAET グレッグ・ヴァンアーヴェルマート (ベルギー)

112 P.BEVIN パトリック・ベヴィン (ニュージーランド)

113 A.DE MARCHI アレッサンドロ・デマルキ (イタリア)

114 S.GESCHKE シモン・ゲシェケ (ドイツ)

115 S.PAUWELS セルジュ・パウエルス (ベルギー)

116 J.ROSSKOPF ジョセフ・ロスコフ (アメリカ)

117 M.SCHAR ミヒャエル・シェアー (スイス)

118 L.WISNIOWSKI ルーカス・ヴィシニオウスキー (ポーランド)

シーシーシーチームの絶対的エースはグレッグ・ヴァンアーヴェルマートです。

ヴァンアーヴェルマートは自転車競技一家の中で育っているので、自転車競技のサラブレットといった感じですね。

UCIワールドツアー2017で年間王者に輝いたこともあるので、2019年のツールでも活躍が期待されます。

 

UAEチームエミレーツ (UAE TEAM EMIRATES) アラブ首長国連邦

121 D.MARTIN ダニエル・マーティン (アイルランド)

122 F.ARU ファビオ・アル (イタリア)

123 S.E.BYSTROM スヴェンエリック・ビストラム (ノルウェー)

124 R.COSTA ルイ・コスタ (ポルトガル)

125 S.L.HENAO セルジオルイス・エナオ (コロンビア)

126 A.KRISTOFF アレクサンドル・クリストフ (ノルウェー)

127 V.S.LAENGEN ヴェガールステイク・ラエンゲン (ノルウェー)

128 J.PHILIPSEN ジャスパー・フィリプセン (ベルギー)

現在は中東籍のチームですが、母体は1990年設立のイタリアのチームです。

あらゆる地形に強い選手が揃っている素晴らしいチームなので、2019年も好成績が期待されます。

特にスプリントが得意なので、ツールでも実力を発揮してくれるのではないでしょうか。

 

トレック・セガフレード (TREK – SEGAFREDO) アメリカ

131 R.PORTE リッチー・ポート (オーストラリア)

132 J.BERNARD ジュリアン・ベルナール (フランス)

133 G.CICCONE ジュリオ・チッコーネ (イタリア)

134 K.DE KORT クーン・デコルト (オランダ)

135 F.FELLINE ファビオ・フェリーネ (イタリア)

136 B.MOLLEMA バウケ・モレマ (オランダ)

137 T.SKUJINS トームス・スクウィンシュ LAT

138 J.STUYVEN ジャスパー・ストゥイヴェン (ベルギー)

トレック・セガフレードのエースはリッチー・ポートですが、自身は総合5位が自己最高です。しかも、過去2年は落車リタイアが続いています。

今年こそは表彰台に登りたい、と狙っているのは間違いないでしょう。

またトレック・セガフレードは、ツール・ド・フランスには出場していないですが、日本の別府史之が所属しています。

 

チームサンウェブ (TEAM SUNWEB) ドイツ

 

この投稿をInstagramで見る

 

It was a fun day out at the #TDF2019 team presentation yesterday 👏🏻

Team Sunwebさん(@teamsunweb)がシェアした投稿 –

141 M.MATTHEWS マイケル・マシューズ (オーストラリア)

142 N.ARNDT ニキアス・アルント (ドイツ)

143 C.BOL セース・ボル (オランダ)

144 C.HAGA チャド・ヘイガ USA

145 L.KAMNA レナード・ケムナ (ドイツ)

146 W.KELDERMAN ウィルコ・ケルデルマン (オランダ)

147 S.K.ANDERSEN ソーレン・クラーウアナスン (デンマーク)

148 N.ROCHE ニコラス・ロッシュ (アイルランド)

チームサンウェブは現在ドイツのチームですが、設立当初は日本とオランダの混成チームでした。

エースであるマイケル・マシューズは、2017年からチームサンウェブに所属しています。登れるスプリンターの代表格であるマイケル・マシューズは、2017年のツールでマイヨ・ヴェールを獲得しています。

 

コフィディス、ソリュシオンクレディ (COFIDIS, SOLUTIONS CREDITS) フランス

151 C.LAPORTE クリストフ・ラポルト (フランス)

152 N.BERHANE ナトナエル・ベルハネ (エリトリア)

153 N.EDET ニコラ・エデ (フランス)

154 J.HERRADA ヘスス・エラダ (スペイン)

155 A.PEREZ アントニー・ぺレス (フランス)

156 P.L.PERICHON ピエールリュック・ペリション (フランス)

157 S.ROSSETTO ステファヌ・ロセット (フランス)

158 J.SIMON ジュリアン・シモン (フランス)

コフィディス、ソリュシオンクレディはUCIワールドチームではなく、その下のプロフェッショナルコンチネンタルチームです。主催者の招待を受けて、出場しています。

2005年にUCIプロチームの承認を受けていましたが、2010年にプロフェッショナルコンチネンタルチームのライセンスに降格しています。

 

ロット・スーダル (LOTTO SOUDAL) ベルギー

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ready for five days of racing on home soil @belgiumtour 👊 . #baloisebelgiumtour #lottosoudal #captainsofcycling #roadcycling #procycling

Lotto Soudalさん(@lotto_soudal)がシェアした投稿 –

161 C.EWAN カレブ・ユアン (オーストラリア)

162 T.BENOOT ティシュ・ベノート (ベルギー)

163 J.DE BUYST ジャスパー・デブイスト (ベルギー)

164 T.DE GENDT トーマス・デヘント (ベルギー)

165 J.KEUKELEIRE イェンス・ケウケレール (ベルギー)

166 R.KLUGE ロジャー・クルーゲ (ドイツ)

167 M.MONFORT マキシム・モンフォール (ベルギー)

168 T.WELLENS ティム・ウェレンス (ベルギー)

ロット・スーダルのティシュ・ベノートとティム・ウェレンスは、2019年のスタート地である地元ベルギーを背負う星として活躍が期待されています。

ベルギー出身のメンバーが多いので、2019年のツールはいつも以上に力が入ってるかもしれませんね。

 

トタルディレクトエネルジー (TOTAL DIRECT ENERGIE) フランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

Les 8 coureurs du Team pour le prochain @letourdefrance ! Quelle belle équipe pour l’attaque. ❤💙❤💙 Créa: @guill3rr0

Team Total Direct Energieさん(@teamtotaldirectenergie)がシェアした投稿 –

171 L.CALMEJANE リリアン・カルメジャーヌ (フランス)

172 N.BONIFAZIO ニッコロ・ボニファツィオ (イタリア)

173 F.GRELLIER ファビアン・グルリエ (フランス)

174 P.OURSELIN ポール・ウルスラン (フランス)

175 R.SICARD ロメン・シカール (フランス)

176 R.TAARAMAE レイン・タラマエ (エストニア)

177 N.TERPSTRA ニキ・テルプストラ (オランダ)

178 A.TURGIS アントニー・テュルギス (フランス)

トタルディレクトエネルジーはUCIワールドチームと、UCIプロフェッショナルコンチネンタルチームを行ったり来たりしています。

フランスが本拠地のチームだからか、殆どがフランス人で構成されています。

リリアン・カルメジャーヌは起伏を利用した逃げが得意なので、2019年のツールでも活躍してくれそうです。

 

チーム カチューシャ・アルペシン (TEAM KATUSHA ALPECIN) スイス

181 I.ZAKARIN イルヌール・ザカリン (ロシア)

182 J.DEBUSSCHERE イェンス・デブシェール (ベルギー)

183 A.DOWSETT アレックス・ダウセット (イギリス)

184 J.GONCALVES ジョセ・ゴンサルベス (ポルトガル)

185 M.HALLER マルコ・ハラー (オーストリア)

186 N.POLITT ニルス・ポリッツ (ドイツ)

187 M.WURTZ SCHMIDT マッズ・ウルスシュミット (デンマーク)

188 R.ZA(ベルギー) リック・ツァベル (ドイツ)

チーム カチューシャ・アルペシンは、元々ロシアのチームだったんですが、現在は国籍を変更してスイスのチームとなっています。

イルヌール・ザカリンはロシア時代からのエースです。様々なレースで好成績を残していますが、監督も困るくらい無口なので、非常にミステリアスな人物です。

 

ワンティ・ゴペールサイクリングチーム (WANTY – GOBERT CYCLING TEAM) ベルギー

 

この投稿をInstagramで見る

 

SUIT UP 👔👔👔 On Friday the WGG gala evening benefitting the association Justine for Kids took place at the Abbaye de Bonne Esperance 🎀👗👔

Wanty-Gobert Cycling Teamさん(@teamwantygobert)がシェアした投稿 –

191 G.MARTIN ギヨーム・マルタン (フランス)

192 F.BACKAERT フレデリック・バカールト (ベルギー)

193 A.DE GENDT アイメ・デヘント (ベルギー)

194 O.C.EIKING オッドクリスティアン・エイキング (ノルウェー)

195 X.MEURISSE クサンドロ・ムーリッセ (ベルギー)

196 Y.OFFREDO ヨアン・オフレド (フランス)

197 A.PASQUALON アンドレア・パスクアロン (イタリア)

198 K.VAN MELSEN ケヴィン・ヴァンメルセン (ベルギー)

ワンティ・ゴペールサイクリングチームは2016年から3年連続でヨーロッパツアーランキングで1位を獲り続けているチームです。

チームのエースはギヨーム・マルタンですが、2017年・2018年と思ったより結果を出せていません。

2019年こそは!と思って、ツールも参加しているとおもうので、大活躍する可能性もあります。

 

チーム ディメンションデータ (TEAM DIMENSION DATA) 南アフリカ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ready for @vueltacv! 😀 Racing gets underway with a 10,2km ITT. First rider out for us will be @giacomonizzolo 12:10 CET. 👊 📷@gettysport #BicyclesChangeLives

Team Dimension Dataさん(@teamdidata)がシェアした投稿 –

201 E.BOASSON HAGEN エドヴァルド・ボアッソンハーゲン (ノルウェー)

202 L.Y.BAK ラルスイティング・バク (デンマーク)

203 S.CUMMINGS スティーヴン・カミングス (イギリス)

204 R.JANSE VAN RENSBURG レイナールド・イョンスファンレンスブルク (南アフリカ共和国)

205 B.KING ベンジャミン・キング (アメリカ)

206 R.KREUZI(ドイツ) ロマン・クロイツィゲル (チェコ)

207 G.NIZZOLO ジャコモ・ニッツォーロ (イタリア)

208 M.VALGREN ミケル・ヴァルグレン (デンマーク)

チーム ディメンションデータは、アフリカ大陸で初めてワールドチームに昇格したチームですが、3年連続でワールドチームランキング最下位となかなか結果を出せていません。

チームのメンバーが病気や手術という不運が重なり、2018年は9勝しかできませんでした。

どうにか勝利数を増やしたいと考えているので、どの戦いも全力で挑んでくるに違いありません。

 

チーム アルケア・サムシック (TEAM ARKEA – SAMSIC) フランス

 

この投稿をInstagramで見る

 

If you can dream it, you can do it ! @letourdefrance

Team Arkéa Samsicさん(@arkeasamsic)がシェアした投稿 –

211 W.BARGUIL ワレン・バルギル (フランス)

212 M.BOUET マキシム・ブエ (フランス)

213 A.DELAPLACE アントニー・ドゥラプラス (フランス)

214 E.GESBERT エリー・ジェスベール (フランス)

215 A.GREIPEL アンドレ・グライペル (ドイツ)

216 K.LEDANOIS ケヴィン・ルダノワ (フランス)

217 A.MOINARD アマエル・モワナール (フランス)

218 F.VACHON フロリアン・ヴァション (フランス)

チーム アルケア・サムシックはUCIプロフェッショナルコンチネンタルチームです。

特に目立った結果が残せていない上に、2018年は2勝しかできていません。

いきなりツール・ド・フランスで大勝利をおさめるのは難しいと思いますが、なにか爪痕を残してほしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

ツール・ド・フランス2019のスタートリストについて調べました。

  • 全22チーム、合計176人の出場となっている
  • ヨーロッパのチームが多いが、アメリカや南アフリカのチームも出場している

ロードレースはヨーロッパがメインのスポーツなので、自然と出場チームもヨーロッパのチームがメインになりますね。

しかし、ヨーロッパ意外のチームも強い選手が揃っているので、どのチームが勝っても不思議じゃありません。

ツール・ド・フランスのリアルタイム中継を見る方法について調べたので、こちらもチェックしてくださいね。

ツールドフランス2019を無料でライブ配信を観る方法と日程は?リアルタイム中継のフル動画を視聴する方法

ツールのコース日程や地図についても調べたので、合わせてチェックしてくださいね。

ツールドフランス2019コース日程・地図・マップ紹介!日本時間での出走はいつ?

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました